かばちんのエンジニアブログ

日々の経験の中で培った内容を備忘録も兼ねて記録していくブログです。少しでも誰かの役に立つために頑張って続けていけたらなと思います。

VirtualBox内のUbuntuへSSH接続

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

f:id:kabatin:20160222191347j:plain

MacOSXにインストールされているVirtualBoxで起動されたUbuntuで作業するとレスポンスがもっさりしていてストレスたまりますよね?
なのでUbuntuに対してMacOSの端末からSSH接続をすることにしました。

VirtualBoxの設定

VirtualBoxのメニューバーから「環境設定...」を開きます。
設定ウィンドウの「ネットワーク」の「ホストオンリーネットワーク(H)」タブを選択します。

画面右側の「+」マークを押してネットワークアダプターを追加します。
f:id:kabatin:20160222182934p:plain

次にドライバーマークのアイコンをクリックして設定内容を見てみます。
環境によって多少違うと思いますが、こんな感じで設定されているかと思います。
f:id:kabatin:20160222183008p:plain

バーチャルホスト側の設定

次にUbuntuがインストールされているバーチャルホスト側の設定を行います。
VirtualBoxの画面上で対象のバーチャルホストを選択した状態で「設定(S)」ボタンを押します。
設定ウィンドウの「ネットワーク」を選択すると以下のような画面になると思います。
f:id:kabatin:20160222183309p:plain

「ポートフォワーディング(P)」ボタンを押してポートフォワード設定画面を開きます。
画面右側の「+」マークを押してポートフォワード設定を追加します。
f:id:kabatin:20160222183351p:plain

こんな感じで、ポート44444に対してポート22を割り当ててみました。
設定が終わったら「OK」ボタンを押して閉じます。

Ubuntu側のSSHインストール

次にUbuntuSSHサーバをインストールして実行します。

$ sudo apt-get update    // 念のため最新にアップデートしておきます。
$ sudo apt-get install openssh-server

もし、自動的にSSHサーバが起動していない場合は手動で起動します。

$ sudo service ssh start

MacOSX側から接続

$ ssh <username>@192.168.99.100
ECDSA key fingerprint is SHA256:sO+PooxempCrdXg1BeKtGMS3DR3cdL0uG**********.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added '192.168.99.100' (ECDSA) to the list of known hosts.

初回はこんな感じで応答を求められると思います。
2回目以降は何も聞かれることなくすんなり接続ができると思います。

これでいちいちUbuntuGUIを立ち上げなくてもコマンドのみでサクサク作業ができるようになりました。
作業効率って大事ですよね!